昆虫道傳説

色々なところで出会った昆虫類を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその3)

今回は蝶の里公園の4月中旬編、2日目のうちのその3です。

この蝶の里公園には今シーズン、今現在で21回足を運んでいますが、画像整理や不明種調べが殆ど進まず、今回はやっと今シーズン3回目の分のうち、その3の分を整理できましたので、ここにアップするものです。

この日の概況(【速報】)はTOPページからの「お知らせ・情報掲示板」のスレッド36にも掲載をしております。

当日はおおむね晴れ模様のお天気でした。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。



20091103_i32.jpg


ちょっと暗い画像になってしまいましたが、コジャノメ君です。
この季節あたりから、どちらかと言いますと暗い林床に多く見られました。



20091103_i23.jpg


もう少し上方向から撮影出来れば良かったのですが、どうも翅の模様が不鮮明です。
ヒメナガカメムシ君と思われます。
この時に初めて会った種類のために慎重を期して更に調べているところです。



20091103_i22.jpg


ビロウドコガネ君です。
この季節には個体数こそ、それほど多くはないですが、結構姿を見る事が出来ました。



20091103_i30.jpg


コバネヒシバッタ君です。
ヒシバッタ君の種類はいつも真上から撮る事が殆どなのですが、今回はとまっているところを斜め前方から撮影する機会に恵まれました。
こうして出来た写真を見ますと、いつものヒシバッタ君のイメージとは全く異なることに驚きさえ感じました。



20091103_i29.jpg


モモブトカミキリモドキ君の♂です。
今回の写真はその特徴である、股の部分が際立って太く見える写真を選んでみました。



20091103_i28.jpg


ナナホシテントウ君です。



20091103_i27.jpg


ヤマトシリアゲ君です。
この場所では全域で通期良く見られる種類です。



20091103_i26.jpg


ツマキチョウ君です。
この時の撮影重点目標は「その2」で掲載した、コツバメ君とこのツマキチョウ君でした。
いる事は確認できてもなかなか撮影するチャンスが少なく、この様な写真しか残せませんでした。
初めて会う種類で、「その2」のコツバメ君と同様、諦めずに2日連続で行った甲斐がありました。



20091103_i31.jpg


キマダラハナバチ君の1種であることは間違いないと思われますが、それ以上が全く進みません。
この場所で今シーズン、初めて会った、ダイミョウキマダラハナバチ君でもハリマキマダラハナバチ君でもないことも明らかで、新たに初めて会う種類です。

結果的にはコキマダラハナバチ君ではないかと考えられますが、決定的なものがない状態です。
また、キマダラハナバチ君の種類は大変に多く、またこの写真の個体のように極めて触角が短く、また黄色い首輪をしていて、背中に一筋の黄色の横線、胴体は今一歩不明瞭ですが、これらの特徴に完全に合致する種類が見付からない状況です。

こちらに関しては更に調べて行きたいと思います。

蛇足ですが、手持ちの「南西諸島産・ハチ・アリ類検索図説」でこの仲間を検索してみましたが、あまりに各部位が詳細にわたるために途中で検索が中断してしまいました。


「その3」はこのあたりで、ようやくこの場所の「4月中旬編」もこれにて完了です。
まだまだ撮った写真は多くありますが、ここに掲載するのは撮影した写真のほんの一部と言うところです。

次回の掲載は未定ですが、同じく4月~5月に行った場所の掲載となるかと思います。







スポンサーサイト
  1. 2009/11/18(水) 20:55:07|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその2)

今回は蝶の里公園の4月中旬編、2日目のうちのその2です。

この蝶の里公園には今シーズン、今現在で21回足を運んでいますが、画像整理や不明種調べが殆ど進まず、今回はやっと今シーズン3回目の分のうち、その2の分を整理できましたので、ここにアップするものです。

この日の概況(【速報】)はTOPページからの「お知らせ・情報掲示板」のスレッド36にも掲載をしております。

当日はおおむね晴れ模様のお天気でした。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。



20091103_i19.jpg


マガリケムシヒキ君です。
今回は手のひらに乗ってもらい、モデルになってもらいました。



20091103_i13.jpg


セリシマハバチ君です。
初めて会う種類ですが、そのお名前が長い間判明せずの状態でした。
この系統は良く見れば模様の違うのがわかるのですが、少なからず個体差もいくらかあるようです。



20091103_i12.jpg


ヒメケブカチョッキリ君と思われる個体です。
初めて会う種類ではありますが、この系統は大変に似たような種類も多く、判断に大変に迷います。

その大きさ、4~5mm程度で光沢のある翅、全体に毛が密生している事、口吻の長さなどから考えて判断しました。



20091103_i11.jpg


ナミテントウ君です。
2紋型遺伝子を持つ個体と思われますが、4紋型の傾向もわずかながらに持つ個体で、この様な斑紋は初めて見るところでした。



20091103_i20.jpg


コツバメ君です。
初めて会う種類でしたが、特にこの初春の季節は撮影の重点を置いていた種類です。
この時は前日に会う事が出来なく、諦めきれずに連続で足を運んだ甲斐がありました。

この写真の手前には「その1」のTOPで掲載した、ウラギンシジミ君がいて、ウラギンシジミ君を撮っているときに気が付いたものです。

もう少し近付こうとしたのですが、すぐ手前にいるウラギンシジミ君が飛び立つと同時に一緒に飛んで行ってしまいました。



20091103_i18.jpg


モンカゲロウ君と思われる個体です。
しかし、翅に黒斑がないのが気にはなっていますが、その他に該当する種類も見当たりません。
初めて会う種類ですが、翅の形態、体型、尾が3本、その他の特徴から判断しました。
胴体の模様は個体差がかなり大きくあるようですので、あまり決め手にはならないようです。



20091103_i17.jpg


シロスジギングチバチ君と思われる個体です。
胴体の写っている写真がないのが断定の難しい唯一の点です。
ただ、背中の特徴やお顔立ちなどから、ほぼそうであると考えられます。

こちらも初めて会う種類でした。



20091103_i16.jpg


チビドロバチ君です。
その大きさ、8mm程度の小さなドロバチ君です。
初めて会う種類ではありますが、身体の模様も少なからず個体差があるようです。



20091103_i25.jpg


ミツボシツチカメムシ君です。
ヒメオドリコソウさんのところにいました。
こちらも初めて会う種類でしたが、その大きさ、5~6mm程度の小さなカメムシ君です。



20091103_i24.jpg


ビロウドツリアブ君です。
こちらも初めて会う種類でしたが、まずとまることなく飛び続けているためになかなか撮影の機会がないと言う状態で、残念ながら、この様な写真しか残せませんでした。


その2ではその殆どが初めて会う種類で、調べるのにも大変な時間が掛かりましたが、こうして思い起こしてみますと、初めての初春の昆虫類を大変に懐かしく思い出したあんばいです。
その中にはビロウドツリアブ君やコツバメ君も含めて、初春限定の種類も含まれていました。

初めて会う種類が多かったと言うことは大変に成果があったと言う事になりますが、何よりも、諦めないで2日連続で行ったことの効果も大きく影響しているものと思います。

・・・・・引き続き、その3に続きます。







  1. 2009/11/10(火) 22:29:50|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蝶の里公園 (4月中旬編・2日目のうちその1)

今回は蝶の里公園の4月中旬編、2日目のうちのその1です。

この蝶の里公園には今シーズン、今現在で20回足を運んでいますが、画像整理や不明種調べが殆ど進まず、今回はやっと今シーズン3回目の分のうち、その1の分を整理できましたので、ここにアップするものです。

この日の概況(【速報】)はTOPページからの「お知らせ・情報掲示板」のスレッド36にも掲載をしております。

当日はおおむね晴れ模様のお天気でした。

また、今回は4月中旬に連続で2日間行ったうちの2日目ですが、1日目に目標としていた、コツバメ君とツマキチョウ君に会うことが出来なかったために、諦めきれずに行ったと言うところでした。

運良く、この2種もこの日に初めて会う種類となり、その1~その3のうちのどこかで掲載したいと思います。

また、この当時に撮った写真の中にも多くの不明種がいて、ことあるごとに調べてきました。
いくらかは解明できたのですが、やはり一部は不明種のままの状態です。
また、今現在となってこそ、意外な種類を撮っていたことに気が付いたり、またその時の光景が蘇ってきたりと大変に懐かしくも感じました。

機材は Canon EOS 1D Mark?+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20091103_i21.jpg


後の方が葉っぱに隠れてしまいましたが、ウラギンシジミ君です。


20091103_i05.jpg


ベニシジミ君です。
大変に色合いの濃い、きれいな個体でした。


20091103_i04.jpg


この季節はタンポポさんが満開でした。
そのタンポポさんにセイヨウミツバチ君です。


20091103_i03.jpg


スジグロシロチョウ君です。


20091103_i02.jpg


タンポポさんにホソヒラタアブ君です。


20091103_i01.jpg


アシナガコガネ君です。
このアシナガコガネ君にはこの日の約半月後に行った、泉自然公園で初めて会ったと思っていたのですが、その前に既に会っていて、この時が初めてだったと言う事になります。


20091103_i10.jpg


コウカアブ君です。
開けた草地にいました。
そのお名前の由来となる様な場所も腐敗物なども周辺には見当たらず、いる場所が少し意外でした。


20091103_i09.jpg


ヒメジョウカイ君です。
この時に初めて会う種類でした。


20091103_i08.jpg


ニホンカブラハバチ君です。
少し下にうつむいているところが画像的には残念でした。


20091103_i07.jpg


このハチ君は未だに不明種のままです。
ギングチバチ君の系統にも感じられるのですが、断定できるまでには至らない状況です。


20091103_i06.jpg


ヤブキリ君の幼虫です。
普通はこの季節のお花というお花に多くいるのですが、珍しくお花以外の場所にいました。
まだまだ大変に小さいです。


20091103_i14.jpg


ハチ君ですが、、ミツバチ君にも感じるものの模様がはっきりしないために不明です。
葉っぱの上にとまって面白い行動と表情をしていましたので、撮ってみました。


4月中旬編、2日目のその1はこのあたりで、今回掲載した種類は一般的な種類が殆どとなりましたが、それでも初めて会う種類もいくつか含まれていました。

・・・・引き続き、その2に続きます。







  1. 2009/11/03(火) 15:39:09|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫 (43)
その他 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。