昆虫道傳説

色々なところで出会った昆虫類を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長池公園 (4月中旬編 ・ その1)

今回は長池公園の4月中旬編のその1です。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、森林内では日の差さない場所も多く、高感度による撮影も多くあります。

この場所は良く行く、蝶の里公園の次に気に入っている場所でもありますが、やはり季節的なものでしょうか、まだ昆虫類はそれほど多くはいない状況でした。

また、この時の概況を、TOPページからの「お知らせ・情報掲示板」のスレッド34にも掲載していますので、よろしかったら、ご覧ください。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO Macro 150mm EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090530_i04.jpg


モンキチョウ君です。
築池のほとりにいました。
最初は別の被写体を追っていたのですが、気が付いたら、真ん前にとまっていました。


20090530_i03.jpg


ルリタテハ君です。
姿池のほとりにいましたが、なかなか近付くことが出来ない状態でした。
かなり久し振りに会いました。


20090530_i02.jpg


ベニシジミ君です。


20090530_i01.jpg


セイヨウミツバチ君です。


20090530_i05.jpg


ずっと不明のままでしたが、どうもセマダラハバチ君の様です。
しかし、個体差か個体変異によるものか、若干模様の違和感もあり、もしかしたら、セマダラハバチ君の1種とした方が良いのかも知れません。

この場所にはこのセマダラハバチ君が10頭ほどいて、良く写真のように向き合っては、コミュニケーションを取っている様な様子が見られました。
ただ、この行動が何を意味するのかは文献などを調べていますが、今現在不明の状態です。
初めて会う種類でした。


20090530_i10.jpg


ヘリグロガガンボ君の様に思われますが、こちらも大変に微妙です。
初めて会う種類かと思われます。


20090530_i08.jpg


モモブトカミキリモドキ君です。
この個体は股の部分が太くなっていませんので、♀の個体です。
こちらも初めて会う種類でした。

その1は以上ですが、昆虫類はまだまだこれからとは言っても、初めて会う種類も多くいましたので、十分に成果のあった1日だったと思います。

その2に続きます。







スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 14:30:00|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<長池公園 (4月中旬編 ・ その2) | ホーム | 蝶の里公園 (4月初旬編 ・ その2)>>

コメント

こんばんは

・モンキチョウ、クローズアップが冴えていますね。素晴らしいですね。
・ルリタテハ、良いですね。日光浴でもしているのでしょうか。
 鳥類園では2006年3月に越冬個体を見て以来、出会っていません。
 食草がほとんどないので無理もありませんが、今年あたりは出会いたいです。
・ベニシジミ、良いですね。鳥類園でも見る機会が増えると良いのですが。
・セイヨウミツバチ、表情が良いですね。
・セマダラハバチ、大きさに差がありますね。♂♀でしょうか? 
 もしそうだとすると、単なる想像ですが、求愛の行動ということも・・・
・大きなガガンボのようですね。
・モモブトカミキリモドキ、良いですね。
 巣栗渓谷で出会った懐かしい昆虫です。
  1. 2009/05/30(土) 18:14:44 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

モンキチョウ君、本文にも書いていますが、別の被写体を追っていたところ、気が付いたらすぐ真ん前にいたと言う事で、大変運が良かったと思います。

普通はその姿を見付けては近付いて撮るのですが、この大きさに撮れるまでに近付くのはなかなか難しい事が殆どです。

今回はその姿を見付けた、その時がこの大きさで撮ることの出来る状態でしたので、まさに運が良かったと思っています。

この季節のモンキチョウ君、きれいな個体が多いです。

ルリタテハ君、日光浴か吸水かのどちらかだったと思います。
特にお花を求めて飛んでいた様には見えませんでした。

ルリタテハ君は鳥類園では2006年3月以来の様ですが、今シーズンはどうでしょうか。
うちもそれほど出会う頻度は高くはなく、今までにも生田緑地で越冬個体を春先に見たのをはじめに、ここ長池公園での夏の個体など、ほんの数回程度でしかありません。

行く所の環境的なものでしょうか、なかなか会う機会がない種類の一つでもあります。

食草となりますと、蝶の里公園でサルトリイバラさんの所にその旨のプレートが掛かっていたのを思い出します。
その他の種類でも食草となる種類がいるかと思いますが、鳥類園ではその種類が少ないようでしょうか。

ベニシジミ君、うちの行く所では大変に個体数が多くいるうちの1種類であるかと思います。

この個体は春型と言う事になるのかと思いますが、翅の色合いが濃いめであるように思いました。

鳥類園でも勿論いるかと思うのですが、そう言えば昨シーズンの夏の季節にもそれほど見掛けた記憶がありませんので、いたとしても個体数は少ないのかも知れません。

機会が多く増えれば大変に嬉しいのですが、食草を見ますと、スイバさんやギシギシさんとなっていました。

鳥類園でスイバさんやギシギシさん、勿論いるかと思うのですが、あまり見た記憶がないのも確かです。

セイヨウミツバチ君、今まで特に意識して撮ることのなかった種類ですが、最近は出来るだけ撮るようにしているところです。

ハチ君は眼の構造もあるのでしょうか、横からよりは前方からの方が良い表情が撮れるようでもあります。

何となくこちらを気にしているかのような表情が気に入り、掲載する写真に選んでみました。

セマダラハバチ君、初めて会う種類で判明するのに大変に時間の掛かった種類でもありました。

10頭くらいの個体がいて、見ていますと頻繁に写真のような行動をしていました。

確かに求愛行動と言う事は考えられそうですね。
季節的にも♂♀の大きさの違い(♂♀であるかどうかは今現在では不明ですが)があるとしても確率は高そうです。

ただ、その様子を見ていますと一般的に見る、生きものたちの求愛行動、ディスプレイとは何か感覚的に違うような、そんな感じもしてくる様に思いました。

どちらかと言いますと大変にあっさりとしていて、単なる挨拶、交流などの行動にも思えてくるようで、大変に微笑ましい光景でもありました。

これはうちの直感的なもの、主観的な見方からですので、全く客観性に欠けますが・・・。

この行動については文献類などを洗っていますが、今のところその関係の文献などは見付かっていない状況です。

ヘリグロガガンボ君、確かに大きめの種類であるかと思います。
胴体の長さ、3cmくらいはあったでしょうか。
ただ、このヘリグロガガンボ君にも酷似する種類が多く存在するようで、身体の特徴、翅の模様、パターンなどからヘリグロガガンボ君としました。

モモブトカミキリモドキ君、初めて会う種類ではありますが、大変に小さいです。
そして、カミキリモドキ類などと言う種類がいるのを知ったのも今回が初めてでした。

この時はお花というお花にいたと言う感じで、個体数的には大変に多くいるのではないかと思われます。

巣栗渓谷でも出会っているとのことですが、うちの行く、蝶の里公園でも大変に多くの個体がいました。

今現在ではごくわずかの個体数しか残っていない状況でしたが、その最盛期(4月の中旬~下旬頃)にはお花というお花に必ず1頭以上いて、大変に多くの個体数を見たのを思い出します。
  1. 2009/06/06(土) 04:37:51 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://insect88.blog97.fc2.com/tb.php/17-587917f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫 (43)
その他 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。