昆虫道傳説

色々なところで出会った昆虫類を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (4月中旬編・1日目のうちその1)

今回は蝶の里公園の4月中旬編、1日目のうちのその1です。

この蝶の里公園には今シーズン、すでに14回足を運んでいますが、画像整理や不明種調べが殆ど進まず、今回ようやく、今シーズン2回目の分を整理できましたので、ここにアップするものです。

4月の中旬には連続で2回行っていますので、1日目と2日目を分けて掲載しようと思います。
また、今回の1日目の分だけでも掲載枚数が40枚以上ありますので、4回に分けて掲載します。

この日の概況(【速報】)はTOPページからの「お知らせ・情報掲示板」のスレッド35にも掲載をしております。

この日の目標はこの時期にしかいない、コツバメ君、ツマキチョウ君、ウスバシロチョウ君などの初春のチョウ類でしたが、目標としてこの日は一部しか達成できませんでした。

ただ、意外な出会いもあり、またこの季節の昆虫類は未知の部分も多く、その多くは初めて会う種類ともなりました。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、少し風の強い1日でした。

機材は Canon EOS 1D MarkⅢ+ Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


20090802_i39.jpg


ギンイチモンジセセリ君です。
この場所では特に記録にも載っていませんでしたので、気にしていなかった種類ですが、偶然にも河川敷で2頭に会う事が出来ました。

良く見ると普段見るセセリ君たちとは変わったお顔付きで、また触角が目の中から出ているようにも見える、不思議なセセリ君です。

初めて会う種類でした。

環境省レッドデータブックでは準絶滅危惧となっており、大変に貴重です。


20090802_i01.jpg


暗い場所で高感度による撮影、今一歩はっきりしませんが、ムネアカアワフキ君です。
赤模様の感じから、色合いは薄めに見えますが、♀の個体の様です。
大きさ、4~5mmくらいの小さなアワフキ君です。
こちらも初めて会う種類でした。


20090802_i02.jpg


ナナホシテントウ君、久しぶりに会いました。


20090802_i03.jpg


コガタルリハムシ君です。
この系統は似たような種類も多く、大変に迷いますが、いる場所と季節的なもので、ある程度推測できそうです。
大きさ、5~6mm程度の小さなハムシ君です。

こちらも初めて会った種類でした。


20090802_i04.jpg


こちらはちょっと暗いですが、葉っぱの間に隠れていた、コガタルリハムシ君の♀です。
かなりお腹が膨らんでいるのがわかります。


20090802_i09.jpg


こちらはその姿を見た時に全く会ったことのない種類とわかりました。
最初はハムシ類とは到底思っていなかったのですが、サルハムシ君系の種類でした。

トビサルハムシ君です。
その大きさ、6~7mm程度のハムシ君で、身体全体が細かい毛で覆われています。
こちらも初めて会う種類でした。


20090802_i08.jpg


この蛾君には大変悩まされました。
なかなか該当する種類が見当たらず、調べるのに大変な時間が掛かってしまいました。

結果的には、ヘリグロホソハマキモドキ君でした。
その大きさ、5mm程度の大変小さな蛾君です。
こちらも初めて会う種類でした。


20090802_i07.jpg


ちょっと感じが違っていたので、別種かと思っていたのですが、こちらもヘリグロホソハマキモドキ君でした。
スズメノヤリさんの葉っぱにちょこんととまっていました。


20090802_i06.jpg


スイバさんにオナシカワゲラ君です。


20090802_i05.jpg


カントウタンポポさんにクロツヤハナバチ君と思われる個体です。
もしかしたら、大きさ的に見て、クロツヤヒメハナバチ君かも知れませんし、また別種かも知れません。
このあたりは似たような種類が多くいて、大変に難しく、今後詳細を調べる課題でもあります。


20090802_i11.jpg


こちらも大変に難しいところで、似たような種類が大変に多くいます。
胴体の縞模様の形状、その他から見て、キバナヒメハナバチ君ではないかと考えられますが、確証はありません。


今回はこのあたりですが、掲載した写真のうち、ナナホシテントウ君とオナシカワゲラ君以外は全て初めて会う種類となりました。
特に最後の2枚のハチ君に関しては今後も要検討事項であり、更に詳細を調べていきたいと思います。

次回は1日目のその2に続きます。







スポンサーサイト
  1. 2009/08/02(日) 17:37:27|
  2. 昆虫
  3. | コメント:8
<<蝶の里公園 (4月中旬編・1日目のうちその2) | ホーム | 長池公園 (4月中旬編 ・ その2)>>

コメント

こんばんは

素晴らしいの1語です。ほんとうに素晴らしいですね。
久し振りだから余計そう感じます。

裏の公園は草刈りの影響とガクアジサイの剪定(全ての花穂が刈り取られていました。園芸のことはあかりませんが、そうした方が来年も沢山の花が咲くのでしょうか)の影響か? とにかく昆虫がまったくいなくなりました。
最近の散歩の楽しみはもっぱらキノコです。
  1. 2009/08/02(日) 20:08:19 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

hitakijo さん

こんにちは、いつも誠にありがとうございます。

また、お身体のお加減はその後いかがでしょうか。
余計な事ながら、大変にお忙しいかとは思いますが、ご無理はなさらずに是非十分にご静養を取られて頂きたいと思います。

さて、お言葉もいつもながらに大変に恐縮の限りです。
画像整理、不明種調べが全く進まず、ようやくこの4月中旬に行った、蝶の里公園の分が整理出来ましたので、久し振りにアップしたものです。

ブログにアップするのはその殆どが整理できた分と言う事にしていますので、幾分の不明種は仕方がないにしても、ある程度は自分なりに調べた形でないとならないと思っているところでもあり、アップするのがその点でかなり遅れた形になってしまうのはやむを得ないことではないかとも思っています。

この4月の中旬には2日連続で行ってきましたが、1日目は残念ながら、ターゲットとしていた、コツバメ君とツマキチョウ君に会うことが出来ませんでした。

しかし、諦めきれずに連続で行って、2日目にこの両種に会えた、あの時の分です。

この1日目はその4まで続く予定ですので、2日目はこの後の掲載になりますが、そこでコツバメ君とツマキチョウ君が出てきます。

今回は何と言っても、TOPのギンイチモンジセセリ君に偶然にも初めて会ったことが一番印象に残っていることです。

また、ご自宅の裏手での公園のお便りもありがとうございます。

かなり草刈りと剪定がなされたようですね。
確かにガクアジサイさんをはじめ、アジサイさんはどこでも茎ごと切られていると言うのを良く見ますが、その方が良いのでしょうか。
うちもこれは良くわかりません。
少なくとも自然のままに・・・これが一番だと思うのですが。

昆虫類が全くいなくなってしまったとのこと、大変に寂しい限りですね。
やはりこう言った所にも人間が手を入れるがために影響(もしかしたら被害)を受けている昆虫類もしくは生きものたちが多くいることを思い知らされるところです。

キノコさん、こちらはうちも大変に関心はあるのですが、その殆どは全くわからないですので、なかなかその中に入っていけない、そんな状態のままです。

昨日の森の中でも大変に多くのキノコさんを見掛け、また暗いながらも撮影をしてきましたが、どれも全く誰なのかわからない状態です。

「都会のキノコ図鑑」なる図鑑や国立科学博物館、神奈川県立生命の星・地球博物館などで刊行しているキノコさん、菌類関係の書籍や解説書などもあるのですが、あまり見る機会がない状態です。
  1. 2009/08/05(水) 09:37:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

こんばんわ^^ノ

最近更新されないなぁなんて思ってました。うちのRSSリーダーは野鳥道傳説 Ⅲが登録されており、なんだかしばらく更新を見ないと^^;なんとかホームページに辿り着き確認してみたらカテゴリが再編されていたのですね^^;で、野鳥道傳説 Ⅲはリンクだけまだ生きているのですね。Ⅱが継続しているようだったのでⅡと、ここ昆虫道傳説をサイト登録しておきます。

元気に活動されているようで安心しました。
  1. 2009/08/06(木) 18:30:57 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集 ]

どりさま さん

こんばんは、大変にご無沙汰しております。

ここ最近は画像整理と不明種調べで精一杯でろくにブログもアップできないばかりか、皆様方のブログへの訪問も出来ない状況が続いておりました。

今回アップした分も4月中旬のものであり、またこの場所は既に14回足を運んでいるのですが、今回の分はその2回目の分と全く整理が進んでいない状況です。

また、大変にお手数をおかけした様で誠に申し訳ありません。

RSSリーダーと言うのがあるのは聞いたことがあるのですが、使ったことがないので、どういうものかは全くわからない状況です。

そのRSSによって更新がわかるという仕組みなのでしょうか。

「野鳥道傳説Ⅲ」は開設しただけで実際には全く稼働をしていない状況です。

「野鳥道傳説Ⅱ」の容量がいっぱいになってきたので、もうそろそろと思ってのことだったのですが、ブログアップ更新も滞っている状況で、Ⅱ→Ⅲに移行するほど容量を使わなくなってしまいました。

この分で行きますとまだまだ、Ⅲへの移行は出来そうにないです。

それともⅡを無理やりにⅢに移行しても良いのですが、どうするか考えてしまうところです。

また、今年の初めに種類ごとのページ分割を何とかすることが出来ました。

それぞれには掲示板、画像掲示板、ブログをセットとして掲載しておりますが、こちらもなかなか更新できない状況が続いています。

反対に分割などしない方が良かったのかもと今にしては思っていることですが、仕事の状況は逐一変化しますし、わかりませんから、これは仕方のない事でもあります。

この度はわざわざありがとうございます。
一応は仕事の合間を見て、あちらこちらに行って、何とか撮影だけはしている状況です。

その撮影に行ったところに関しては、ブログなどにアップできない分、TOPページからの「お知らせ・情報掲示板」に概況を速報として載せるようにしていますので、よろしかったらご覧下さい。
  1. 2009/08/07(金) 18:56:13 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

こんにちわ。

昆虫達は撮ってしまうと後が大変。
私は途中で投げ出したものが多々あります。ある程度名前が判らないとアップする気にもなりませんし、その内、他のことで忙しくなり忘れてしまっているものも多々あります。

ギンイチモンジセセリは名前は図鑑で見てよく知っているのですが、こうしてアップしていただくと、不思議なチョウだということが良く判りますね。
触覚も不思議です。驚きました。

他の見たことのないような種も、良く調べておられますが、この調べることが本当に大変です。
  1. 2009/08/10(月) 13:32:05 |
  2. URL |
  3. MG #4Uul2xRw
  4. [ 編集 ]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

確かにそうですね。
昆虫類はまさに様々な種類が多くいて、未知の世界もかなり多くあると感じています。

ただ、それがまた果てしない希望を持ちかけてくれているような、そんな感じもして、現在はどちらかと言いますと昆虫類に傾倒した撮影計画となっている状況です。

うちの場合は出来るだけ調べて、それでも不明の場合は不明としてアップすることにしています。
ただ不明ではなく、何故不明なのかも重要です。

おおむね、行った時の順番に画像を整理しているために、不明種がありますとそこで一旦立ち止まることになり、また不明種がなかなか解明しない場合は立ち止まる時間も更に大きくなって来ます。

そのために、なかなか画像の整理が進まず、その結果、ブログへのアップも進まないと言う、悪循環のような、そんな状況となっていることも否めません。

ただ、不明種は昨シーズンの分に関しては、掲示板に列記しておりますので、忘れてしまうと言うことはないにしても、解明する時間がないというのが本当のところです。

と言いますか、次から次へと不明種が貯まっていくというのが、いつものことで、取り置いておいた不明種はどうしても後回しになってしまいます。

十分な時間さえあればといつも思う事ですが、これだけは仕事の合間の趣味の段階で、仕方のない事でもあります。

さて、ギンイチモンジセセリ君、この時初めて会ったのですが、何とも不思議なセセリ君です。

お顔の感じから、全体的な体型、触覚などどうもチョウ類には違和感のある種類だと感じます。

そして、調べること、これがまた楽しみの一つでもありますが、やはり十分な時間がないですから、なかなかうまく行かないことでもあります。
  1. 2009/08/11(火) 23:16:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

ブログにおいで頂き ありがとうございました

よしの88 さん、こんにちは。

この度は、「メカロクの写真日記 2」にお越しのうえ、コメントと昆虫の名前を書き込んで頂き、ありがとうございました。

コメントにレスする際に、こちらを拝見し、余り目立たない昆虫を数多く撮影されていること、とりわけ、そのような昆虫の名前まで良くご存知のことに感服したのですが、改めてコメントまで拝見すると、名前を調べるために大変なご苦労をされているようですね。
ちょっと調べて、判らなければ「?」を連発している私には、とても真似のできないことで、そのご努力に頭が下がります。

私は花がメインで、昆虫が2番目、鳥さんは昨年末撮り始めたばかりですが、撮り方は違うものの、同じような被写体を、(鳥さんは違いますが)同じメインレンズで撮られていることに、失礼ながら親近感を覚えます。

ということで、リンクを頂いて帰りますので、もし不都合でしたらご連絡ください。
即刻削除いたします。

では、またのお越しをお待ちしております。
  1. 2009/09/08(火) 11:18:36 |
  2. URL |
  3. メカロク #zZMaDTMA
  4. [ 編集 ]

メカロク さん

こんばんは、わざわざお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

また、こちらこそ、突然にお邪魔を致しまして、誠に申し訳ありませんでした。

そちらにも書きました通り、突然にオオムラサキセンターへと行きたくなり、検索してその情報などを調べているところでした。

うちの知りたいことは、場所、道順などは勿論ですが、それよりも、自然公園の昆虫相を知りたいと思って検索をしていたのですが、なかなか昆虫相に触れているページがなく、貴殿のページにたどり着いたというあんばいです。

貴殿のご紹介されていた、素晴らしいお写真、そして見られた昆虫類の種類を知ることがなければ、オオムラサキ君の季節から外れた時期でもありますし、行く事には今一歩躊躇したかも知れません。

そう言った事もあり、本日(このお返事を書いている時点では昨日となりますが)、お陰様でオオムラサキセンター・自然公園に初めて行って来る事が出来ました。

朝一番でオオムラサキセンター内を一回りして、自然公園内をまわりました。
うちの場合、1ヶ所の場所をほぼ1日かけて歩くと言う事が殆どですが、ここの場所の場合面積的にもそれほど広くはありませんので、外部の生態観察施設とオオムラサキの森を見るのもセットにして考えていました。

しかし、やはり多くの生きものがいたからでしょうか、自然公園内だけで朝から夕方まで掛かってしまいました。

また、機会があれば、今回行く予定でありながら、行けなかった周辺施設も含めて、是非また行ってみたい所と思いました。

前置きが長すぎ、申し訳ありません。

また、つたない記事をご覧いただきました様で、誠にありがとうございます。
そして、お言葉も大変に恐縮です。

うちの場合の撮影はどんな種類でも分け隔てなく撮影をする、これがまず基本となっています。
そのためにどんな種類でも撮影しますので、目立たない種類と思われる種類も出てくると言う事なのかも知れません。

昆虫類の名前に関してはこれも大変に種類が多く、大変に時間が掛かりますが、やはりわからないままにしておくと言う事がなかなか出来ず、出来るだけ手を尽くすという形でしている事です。

ある程度の図鑑類も揃え、インターネット上での情報も駆使してもなお、わからない場合は不明種としておきますが、これもいつの日か偶然にわかる場合もありますし、それこそ様々です。

これも単なる趣味の上でのことですが、楽しみでやっていることですから、おっしゃるほどの事でもないかと思っています。

うちの場合、写真撮影はまずHPのメインにもなっている、サボテン類の生長写真を撮影するのが最初でした。

それから、様々にまわりを見渡すと様々な生きものたちが見えてきて、その次に鳥類、その合間に昆虫類、植物類と撮影に行くようになって、現在に至っております。

昆虫類、植物類に関しては昨年までは鳥類の合間での撮影でしかなかったのですが、今年からは出来るだけ多くの撮影機会を持つようにしています。

撮影は行く場所によって、また季節ごとに、必ずその対象を決めて行くようにしています。

鳥類も昆虫類もと撮影をしていますと持ち歩くレンズの本数も増えますし、またどちらも中途半端になってしまう事が避けられませんので、必ずどちらの種類を撮影するかを決めて、場所を選び撮影に行くようにしています。

レンズは以前は純正レンズも使用したのですが、何故かしっくり行かず、現在はSIGMA製品のみを使用しております。

マクロレンズは同じレンズで撮られていること、対象はほぼ同じと言う事で確かに共通点はありますし、またそう言った所からつながりが広がっていくのではないかと言う感じもしています。

この度はざわざわリンクまで頂き、誠にありがとうございます。
不都合などと言う事は全くございませんし、大変に有り難いことでもあります。

リンクに関しては総合のTOPでして頂いた様ですが、こちらでは現在総合のリンクページが存在しておりません。

現時点ではこの「昆虫道傳説」でのリンクとさせて頂きますが、ゆくゆくはいつになるかわかりませんが、総合ページでのリンクに加えさせて頂きます。

リンクに関して、何かございましたらご連絡頂ければと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
そして、また、お邪魔させて頂きます。
  1. 2009/09/09(水) 12:18:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

昆虫 (43)
その他 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。